AGAの原因

薄毛の仕組みAGAの処置を行うためには、必ず原因を突き止めることが大切です。一度発症すると、日常生活を改善してもそれだけでは症状は改善しません。育毛剤やサプリメントの摂取といったことを行うことが対策として必要です。しかし、原因についても対処が必要で、この対処をすることで症状の進行を遅らせることもできます。

AGAの原因には、男性ホルモンの分泌、生活習慣という二つの原因があります。男性ホルモンについては遺伝的要素であり、生活習慣というのは食生活やストレスといったものが要素です。家族の中に薄毛の人がいたり、薄毛の進み方がサイドから進むM字の人は男性ホルモンの過剰分泌が原因のことが多いです。それに対して、皮脂の分泌が強くて頭皮が脂ぎっていたり逆に乾燥をしていたり、頭頂部が薄くなっているという人はストレスや食習慣が原因のことが多いです

男性ホルモンを抑えるためには早寝をしたり感情の起伏を穏やかにしたりといった男性ホルモンの分泌を抑える行動をしたり、豆類や緑茶といった男性ホルモンを抑制する食品を摂ることがお勧めです。生活習慣が原因の人は、脂分の少ない食事や和食、髪にやさしい食材を食べるようにしたり頭皮環境を整えることがとても大切です。このような生活習慣の改善だけでは効果が出るまでに時間がかかるために、サプリメントや育毛剤を併用することがお勧めです。しかし、それでも効果が出ない方は、専門の病院に通院されることをお勧めします。福島にある病院でAGA治療を行っているところがあります。無料カウンセリングを行っているので、一度参考にしてみてはいかがでしょうか。

AGAの仕組み

男性の薄毛男性は体内で男性ホルモンが分泌されており、これは血液とともに体内を巡っていきます。その中で男性ホルモンが頭皮に行き着いた際、酵素に結びつくと毛母細胞を萎縮させる男性ホルモンへと変化をしてしまいます。この細胞が毛乳頭でアンドロゲンレセプターという物質と結合すると脱毛因子が増えていきます。脱毛因子は毛乳頭や毛母細胞に対して髪の毛が抜けるように指示を出していきます。この手順が繰り返されることによって髪の毛が抜けやすい状態に入っていきます。

健康的な髪の毛は、髪にハリやコシがありまっすぐストレートな太い毛に育ちます。しかし、栄養不足になってしまったり十分に成長ができなかったりすると髪の毛が細くなったり抜けやすくなったり傷みやすくなり抜けやすい状態に陥っていきます。適切な処置を行っていけばこの悪いサイクルを止めることができるようになりますし、薄毛や抜け毛の進行を遅らせることもできます。最近では、男性だけでなく女性でも更年期障害や仕事や育児のストレスが原因で男性ホルモンが優勢となりAGAを起こす人が増えています。女性の場合には男性のような生え際の薄毛ではなく頭頂部や頭全体が薄くなるのが特徴です。女性も男性同様に適切な処置を行うことで症状が改善します。

AGAとは何か

薄毛最近、テレビでも雑誌でもAGAという言葉をよく目にします。AGA(エージーエー)とは、Androgenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」という意味で、成人男性によく見られる髪の毛が薄くなる状態のことを指します。このような薄毛や抜け毛の原因として、遺伝や男性ホルモンの影響、ストレスや食生活といったものが挙げられており、放っておけば状態が進行しますし逆に対策を行えば症状を改善することができるものであるとされています。そのため、最近ではAGAの治療薬や医院が増えています。

AGAの人は全国で1000万人以上おり、その中で半数以上の人が悩んでいて何かのケアをしていると言われています。最近では成人男性の3人に1人は症状が出ており進行していると言われています。薄毛になっていくと頭皮が脂っぽくなって皮脂が目立ったり乾燥によってフケが目立ってしまったりすることがあります。このような状態や髪の毛が薄くなった状態はどうしても見た目の印象が悪くなりマイナスイメージを抱かれがちです。特に接客業や営業職の人は相手に与えるイメージは少しでも良いものであることが望ましいです。そこで、少しでも進行を遅らせたり症状の改善が見られるようにしたいですし、そのためには対策を行うことが必要です。ここでは髪の毛の状態を良くするためにAGAがどのようなことが行われるのか、そして仕組み自宅でもできるケアや改善策について紹介をしていきます。